Gスタの更新しない日記α

更新しないとか言いながらたまに更新。

2010年08月28日

チチキトク スグ(・∀・)カエレ!

救急隊員がチャイムを鳴らすと同時に変な汁を流しながら玄関に向かい無事に連行となった訳ですが・・・
20100828001.png

ストレッチャー持ってきてよ(ワラ

受け入れ先の病院を選定する間に心筋梗塞の疑いが濃厚という事が判りました。
多分8時くらいには病院に着いていたと思うのですが、この間の記憶は結構あいまいです。ただ、医者が執拗に家族全員を集めようとするのは怖いのでやめて欲しかったです(ワラ
結局手術をするためには本人と家族の同意が必要なのですが、その家族がバラバラの場所に居ると言う運の悪さ。
一番近かった嫁のお父さんお母さんが1時間くらいで駆けつけて手術の同意書にサインをしてくれました。
で問題の術式なのですが
20100828002.png

心臓カテーテル(怖

チンコの隣の足の付け根の動脈からカテーテルという針金みたいなのををぶっ刺して心臓の血管の詰まった場所まで治療器具を持って行くという恐ろしく現実離れした治療法(ワラ
ウワサには聞いていましたが、まさか自分が突っ込まれるとは夢にも思っていませんでした。

主な流れは次の通り
足の付け根からカテーテルを入れる

造影剤を流し、詰まった場所を確認する。

詰り箇所に拡張金属(ステント)を留置
20100828003.jpg

静脈側に逆流しないように一時的にバルーンを留置

一晩安静の後、カテーテルを抜き止血。

動いたら死ぬと脅かされる(ワラ

他の人の資料になりますが一連の作業はこんな感じ
http://www.youtube.com/watch?v=lFwT4oEsh3I

という事でなんかステンレスの網が血管の中にずっと入っているという状態で今後の人生を送る事になりました。
posted by G-STYLE at 09:42| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
そのまま放っておくと
大変な事になりますよ!
(北野武)
Posted by at 2010年08月28日 09:58
不摂生しててなったんなら、医療費全額負担でw

健康に気をつかっている人に失礼だ。
Posted by at 2010年08月28日 10:51
なにそれこのひとこわいw
Posted by at 2010年08月28日 10:56
あたしの息子もこれしましたw2歳の時にw

だいじぶだいじぶ!
Posted by くぅ at 2010年08月28日 11:05
とりあえずこの一連の事件に関する画像は全て保存しようと思うとりますw
貴重すぐる
Gスタさんの危篤はタメ歳のわたしやその仲間たちに物凄い啓発効果がありました。
たとえて言うなら免許更新時の最後に見る交通事故ビデオで事故にあってる車が親友の車だった、みたいな。
Posted by キミは緋い華 at 2010年08月28日 12:04
なぁに、かえって金属に免疫がつく
Posted by も at 2010年08月28日 13:15
動いたら死ぬといいつつ日記更新してる...



もう止めて!Gスタのライフは0よ><
Posted by かちょ〜。 at 2010年08月28日 13:39
ってことはこれから一生飲み続けなくてはいけない薬が処方されるわけですな。
で、納豆禁止になる。
でも大事に至らずよかったよかった。
Posted by るん★彡 at 2010年08月28日 14:16
だーかーらーw
ブログ更新は嬉しいが
ネタが怖すぎw
Posted by yane at 2010年08月28日 17:33
日記の更新で安心しました
というか他の日記で知ったんですけどね(ワラ
本当に良かった良かった(´∀`*)
Posted by トロロ丼 at 2010年08月28日 18:58
確かゴッドハンド輝でそんな手術をしてました
Posted by ジョンソン at 2010年08月28日 20:16
先進医療でのご生還、幸運です。続3歳シリーズ、孫1、孫2、孫3と続くまで頑張って下さい。
Posted by しゅう at 2010年08月28日 20:47
嫁のいない自由な時間がトンでもないことになりましたね
ネタの尽きない人生というか・・・
お体ご自愛ください
Posted by at 2010年08月28日 21:21
あーこれねー たまに「らぷちゃ〜」するんだな
こわいよねー…って、以前、営業やってた時、お医者様に売ってた自分。
Posted by deep at 2010年08月28日 21:49
術中、低体温状態にされませんでした?

知り合いが「動くなと言われても寒くて震えるんだもん」って言ってました(w

Posted by よりちゅ at 2010年08月28日 22:46
うわぁ…
家族全員召集ってビビリます。

どんなことであっても手術はする方もその家族も怖いな…
Posted by しまじ at 2010年08月28日 23:40
去年脳出血で緊急搬送されたとき、似たようなことされました。

症状落ち着いてからですが、心臓経由して脳まで造影剤ぶち込む管を太ももの動脈から突っ込まれました。

イチモツにも管を突っ込まれどんなプレイだと小一時間(笑)
Posted by かふぇパパ at 2010年08月29日 08:37
久しぶりに覗いてみたら大変なことに…大丈夫ですか??
主人(循環器専門医)をPCで転送できればいいのにwまさしく日々行っている処置で、ちょっと親近感…不謹慎スミマセン。
Posted by ケイニャン at 2010年08月30日 15:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40402857
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック