Gスタの更新しない日記α

更新しないとか言いながらたまに更新。

2016年05月06日

まちがいさがし

20160506001.jpg

先日買った通称「チプカシ」

20160506002.jpg

中華偽物取り寄せ(ワラ

20160506003.jpg

再現度はなかなかのもの

20160506004.jpg

カシオのロゴなんかはありません

20160506005.jpg

裏は印字されていませんが

20160506006.jpg

ベルト文字がそれっぽくなっています

20160506007.jpg

やる気のない振動版がポロッと出て来ます(ワラ

20160506008.jpg

偽物のくせに例の無駄表示も再現

20160506009.jpg

そして盛大に遅れる致命的欠陥(ワラ

20160506010.jpg

まぁ、もう一個あるんですけどね(ワラ

まず本物と違う所は中華偽物にF-91Wの印刷はあれどCASIOロゴはありません、印刷は微妙に甘くフェイス表面も少しクリアではないように感じますが本物と比べての話。
仮にロゴがあったとして偽物だけ渡されると気が付かないかも知れません。
液晶の無駄表示は再現されていますが、時刻表示の時に右下長押しの隠し機能はありませんでした。
偽物中華の液晶表示の視野角は狭く斜めから見ると本物の優秀さが際立ちます。
ただ、中はともかく外装に至っては本物から型取りをしたようで完全に互換があります。なので本物と偽物の中身を入れ替えて組み立てても音も出るしちゃんと機能するので外装が傷んでしまった場合の修理部品として交換出来るという事です。
ただし、ネジや裏蓋・パッキンの質はいまいちでボタン部分のシールがしっかり機能するかは未知数です。
LEDのライト色とアラーム音に関しては随分と違いますがこれも印字と同じく本物と比べると判るレベルです。
今回は2本入手しましたが盛大に遅れる個体と微妙に遅れる個体でゲンナリ(ワラ
どのくらい駄目なのかは後日テスターに乗っけるとして、水晶の交換をしないと使えないです。

例のテロリスト集団がテロリスト育成研修終了後に修了証代わりに配ったり、アンプを噛ませて起爆装置の一部になっちゃったりして有名になったチプカシですが爆発的に売れているという事ではなく、多機能じゃなくていいからシンプルで軽くて丈夫でずっと使えて安いと言った人々のニーズに答えてくれる腕時計です。
1000円で本物が買えるのに500円で売る偽物を作っちゃう所が中華の笑える所。開発費がかかっていない分と安い材料と人件費と保証なんぞ知らないというスタンスで儲かるのかも知れませんが・・・
posted by G-STYLE at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175191272
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック